社長挨拶

代表取締役 栗生 真作

私たちの事業は、鉄やアルミ、ステンレスなど金属で作る筐体の設計・製造です。用途は分電盤、制御パネル、鉄道や高速道路の表示板など多様で、最終製品は全国で使われています。モノづくりの町、東大阪で創業して以来50年以上にわたり事業を継続することができたのは、「効率追求」「大量生産」の世界ではなく、人の手による高品質なモノづくりにこだわってきたからに他なりません。

1~2個のロットから手作りで行う仕事は、「工場」というより「工房」の世界。海外での大量生産かつローコストなビジネスとは一線を画すものです。特にステンレスの加工技術には自信を持っております。これからも、自らの技術に誇りをもって、さらに高品質な製品を提供してまいります。

ビジョン

板金加工技術をベースに、より幅広いビジネスの展開へ。

進和鉄工の財産はなんといっても技術。手のひらに乗せられるような小さな箱から、高速道路の表示板のような大きな箱まで、機械でシャーリング(せん断)加工をした後の工程はほぼ人の手による作業です。現在、この技術をベースにした新たな分野での展開を模索中です。たとえば、家具、筆箱、名刺入れなどの小物文具や特殊な分野で使用される金属性のそりなど、高品質な金属製品を作る私たちの技術の可能性は無限に広がっています。いわば、第二創業期ともいえるいま、新しい発想力と企画力を活かし、大きな飛躍の契機にしたいと考えています。

概要

設立 1968年(創業1961年)
代表者 代表取締役社長 栗生 真作
資本金 4,800万円
売上高 3億5,000万円
従業員数 30名
本社所在地 大阪府東大阪市
事業内容 各種筐体(制御盤、コントロールボックス、 分電版、配電盤、案内表示板、電光掲示板、 操舵室など)の設計・製作
事業所 本社:大阪府東大阪市
高知工場:高知県宿毛市
主要取引先 株式会社クボタ、
三菱電機システムサービス株式会社ほか
取引銀行 三井住友銀行、大阪市信用金庫

沿革

1961年 進和鉄工所創業
1968年 法人登記。進和鉄工株式会社設立
1976年 1,800万円に増資
1984年 3,200万円に増資
1985年 東大阪市水走に本社・新工場建設
1998年 高知県宿毛市に高知工場建設
4,800万円に増資
2009年 代表取締役に栗生真作が就任

アクセス

本社工場

本社工場

大阪府東大阪市水走5丁目9番33号
TEL.072-964-8688(代)
FAX.072-964-8232

【お車でお越しの場合】
阪神高速東大阪線水走出入口より北へ約5分

【電車でお越しの場合】
近鉄けいはんな線「吉田」駅下車北へ徒歩約20分

高知工場

高知工場

高知県宿毛市平田町戸内字扇3386番51
(高知西南中核工業団地内)
TEL.0880-66-1166(代)
FAX.0880-66-1165

【お車でお越しの場合】
宿毛市内より中村宿毛道路を四万十市方面へ約15分
高知西南中核工業団地内

【電車でお越しの場合】
土佐くろしお鉄道宿毛線「工業団地」駅下車東へ徒歩約5分